30代独身のひとり飯ブログ

ひとりで外食をしたら書くブログ。ほぼラーメンブログになると思います。

アドニス東京(御茶ノ水):カフタ

来週、職場が御茶ノ水から神田に移転します。普段のランチには持参したお弁当を食べていますが、「もう御茶ノ水に来なくなるのか、、、」と思うと色々食べておかなくてはいけない気になって、ずっと食べてみたかったレバノン料理のアドニス東京へ行ってきました。

adonys-tokyo.com

レバノンについて、私は「中東の国かな?」くらいの知識しか持っていませんでした。概要が記載されているので、外務省のリンクを貼っておきます。フランス領だったので今もフランスと関係が深く、リヨンにお店があるんですね。

レバノン基礎データ | 外務省

地図はこちら。

シリア、イスラエルの隣です。しかし、レバノン料理と聞いても、全く料理名が思い浮かびません。

お店は大通り沿いにありますが、入り口が狭く奥に縦長な店舗のため、ぼーっとしていると見過ごしてしまいそうです。黒・赤・白のスタイリッシュなお店で、店員さんは全員外国の人でした。食べ終わったトレーを片付けた際にメルシーと言われたので、フランス人でしょうか。

f:id:kamenoiwa:20160826001132p:plain

お店に置かれていたメニューのチラシです。私が食べたのは、4のカフタ。セットメニューにすると、1が800円、2・3が850円、4が900円ですが、単品では全て600円なのです!

f:id:kamenoiwa:20160826002140j:plain

単品でもイートインでき、一緒にお水も持ってきてくれました。コンビニのタコスやブリトーと比べると、もっと大きくてずっしり重いです。20cmくらいはありそう。食べてみて真っ先に感じたのは、生ニンニクのような、強目のニンニク感!写真にも写っているオレンジ色のソースから、辛味、酸味、ニンニクの味がします。中にはスパイスの効いた棒状のハンバーグ、ポテトフライ、トマト、キャベツ、玉ねぎなどがぎゅうぎゅうに詰まっていました。スパイシーで美味しかったけれど、この味を表現できないのが悲しい。

ファストフードだけれど野菜が多く、店員さんがゆったりしていて丁寧で、お店の雰囲気がすごく気に入りました。単品とかケチらず、ゆっくりコーヒーでも飲みながら過ごしたら居心地の良さそうな店内です。1人でも食べに行けるエスニック料理のお店は少ないので、事務所が移転してもフラっと食べに行くかも知れません。

一番行ってみたい地域は中東だけど、今は危なくて行けない地域が多いですよね。何年か前は、普通の地域だったのにな、、、行きたい時に行かなかったら後悔すると思い、なるべく海外に行っておきたいと思っている今日この頃です。いつか、現地でレバノン料理を食べられる日が来るといいな。


レストラン・飲食店 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

麺屋 百式(目黒):冷しあさりそば

 

 

 

 

f:id:kamenoiwa:20160822210519j:plain

土曜日に、またしても目黒で単発アルバイトをしていました。お盆にスカイダイビングをしてしまったし、来月はベトナムに行きたいと思っているし、10月は部屋の更新が控えているし、、、お金の出て行くイベントが目白押し。で、30代にもなってアルバイトを掛け持ちしているのです(一応正社員で働いていますが、掛け持ちOKな職場なのです)。やっぱりクタクタになり「さっぱりした、冷たいラーメンが食べたい」と思いながら権之助坂を歩いていると、ものすごくぴったりなラーメンを見つけました。

f:id:kamenoiwa:20160822212601j:plain

デパート最上階のレストランにあるような、食品サンプル!一番上の段の3つが、季節限定の冷やしメニューです。反射して見えにくいので拡大しますと

f:id:kamenoiwa:20160822212827j:plain

何とも涼しげな、冷しあさりそば。隣には冷し担々麺、冷ししじみそばのサンプルが並んでいますが、塩味が一番さっぱりしていそうに見えます。

f:id:kamenoiwa:20160822214505j:plain

実物の写真は、暗くなってしまいました。左側のお皿は、あさりの殻入れです。貝出汁・塩味のじんわり美味しい冷たいスープと、大葉や水菜と一緒に食べる細くてストレートな麺。想像していた以上にさっぱりした冷しラーメンでした。貝出汁って、なんとなく体にも良さそうな気がしますね。暑いので塩分補給に、ごくごくスープを飲みました。最近は暑くて暑くて、塩味の冷たいラーメンばかり食べている気がします。

ラーメン ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

づゅる麺 池田(目黒):冷やしチェンマイ

f:id:kamenoiwa:20160816203659j:plain

お盆休み中、目黒の飲食店で単発アルバイトをしていました。なかなか行く機会のない場所に行くと、せっかくなので近くの美味しいラーメン店を検索して食べに行っています。肉体労働をしてクタクタだったので、冷たくてさっぱりしたラーメンが食べたい。 ちょうど営業しているお店の中で、づゅる麺 池田の限定メニューが気になりました。づゅる麺 池田は、ラーメン激戦区の権之助坂にあります。

f:id:kamenoiwa:20160821010418j:plain

気になったのは「冷やしチェンマイ」というまぜそば。カオソーイもナンプリックオンも食べたことがなく、味の想像がつきません。タイ料理をアレンジした限定メニューって、そういえばあまり見かけないですね。

f:id:kamenoiwa:20160821011943j:plain

POPにも書いてあった通りの、ココナッツカレー味。タイ料理にバーミーヘンというまぜそばがありますが、それとは全く別物でした。パクチーの下に盛ってあるオレンジ色のものが、ほんのりスパイシーで乾燥小エビがサクサクして、食感が楽しい。POPにはパクチーの浅漬けと書いてあったけど、左上のものは辛子高菜のようで全くパクチー感がなく、パクチーが苦手な私でも美味しく食べられました。期待していたさっぱり感はなかったけれど、濃厚クリーミーなイエローカレーのようで、珍しいまぜそばでした。しかし、疲れ果てている状態だと、せっかく美味しいものを食べても感動が半減してしまう、、、

お店に入った時、店内には男性1名と、女性2名グループが1組。しかし帰る頃には女性1名客が2組も来店していました。私の友人にも1人でラーメンを食べに行く人は少なく、女性が1人でラーメンを食べているとそれだけで嬉しくなってしまいます。若干アングラな雰囲気がするのと、店主さんもお客さんも年齢層が若いので、「頑固な職人さん!」という感じの店主さんのお店よりは1人でも入りやすいのかもしれないですね。


ラーメン ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ まぜそば・油そばへ
にほんブログ村

麺処 きなり(駒込):白味噌つけそば

1年前に「イカの塩辛」のような限定つけ麺を出していたきなりで、今年は「宮崎の冷汁」のようなつけ麺を出しているとのネット情報を得ました。気になるじゃないか、、、顔を洗って服を着替えて、そそくさときなりに向かうと、なんと冷やしメニューが3つもラインナップされていました。

f:id:kamenoiwa:20160815153053j:plain

「烏賊煮干しつけそば」は去年食べたイカの塩辛のようなつけ麺の進化バージョンで、私が食べたかったのは「白味噌つけそば」。しかし「煮干し冷麺」なんてものもあるんですね。ちょっと心が揺らぎましたが、初志貫徹で白味噌つけそばの食券を購入しました。

f:id:kamenoiwa:20160815154014j:plain

去年はお一人でお店をやっていた気がするけど、今年は二人になっていました。すごく男らしいお二人ですが、真っ白な木のカウンターで、変わらずボサノバのような音楽が流れており、女性が好みそうな落ち着く雰囲気です。カウンター上に洗った丼を重ねる時なども、丁寧に音がしないように置くんですよ。小さいことですが、自分がバーテンダーとして働いていた時、冷蔵庫の開け閉め・お皿やグラスの取り扱いなど、音を立てないように指導されていたんです。物を丁寧に扱うと長く使えるし、カウンターはお客様との距離が近いので、不快な音を立てないように気をつけるように、と。きなりの落ち着く雰囲気は、こんな小さな心遣いの積み重ねなのかもしれません。

f:id:kamenoiwa:20160815162419j:plain

とっても涼しげな、白味噌つけそば。つけ汁の表面が虹色に光っているけど、表のメニューに「煮干し出汁」って書いていないんですよね。煮干しっぽいんだけどな、、、つけ汁に麺をつけて食べてみると、おばあちゃん家で食べた冷麦を思い出しました。おばあちゃんの冷麦のつけ汁は、大きなすり鉢でゴマをすって、合わせ味噌を入れ、お水を少しずつ入れながら味噌を溶かし、きゅうりの薄切りと大量の味の素を入れて完成。白味噌だし、きっと味の素は入っていないと思うけど、不思議と懐かしさを感じます。

そして、冷麦の麺はあまり好きじゃないけど、やっぱりラーメンの麺は美味しい。麺を食べようとすると、たくさん乗っているみょうがも一緒に食べることになります。昔は苦手だったけど、今はみょうがが大好き。時の流れを感じます。脂身が全くない鶏チャーシューも、しっとりしていて冷やしにぴったり。残り1/3くらいのタイミングで麺にレモンを絞ってみましたが、絞らないほうが冷麦っぽくて、私は好みでした。

ちょうどお盆のタイミングで懐かしい感じのするつけ麺を食べられて、思いがけず良かったです。「たまには思い出しなさい」という、メッセージかな。そして夏は、どのお店も冬と比べて魅力的な限定メニューが多い、、、気になるお店・メニューが多すぎて、とても夏の間に全部食べられる気がしません。


つけ麺 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ つけ麺へ
にほんブログ村

みかさ(神保町):ソース焼きそば(大)

f:id:kamenoiwa:20160812030442j:plain

先週の土曜日。一度は食べてみたかった、焼きそば専門店のみかさ。テレビやグルメサイトで取り上げられている、有名店です。御茶ノ水の職場から歩いて食べに行ける距離ですが、行列に並んでいると休憩時間が終わってしまうので、平日のランチには食べに行けません。昼のみの営業・日曜日定休のため、チャンスは土曜日のランチのみ。大行列覚悟で行ってみました。

11:45頃到着すると、行列の最後尾にはこんな看板が。

f:id:kamenoiwa:20160812025504j:plain

ソース焼きそばの食券を購入し、お兄さんから整理券を受け取ります。「待ち時間は1時間半位になります」との事で、行列に並びました。パッと見、10組位の並びだったので「回転が遅いのかな」と思いつつ並んでいると、間にどんどん人を入れられます。不安になり、整理券を配布しているお兄さんに確認すると「先程1時間半待つと伝えたと思うんですが、整理券の順番になります」とのこと。整理券さえ受け取れば、並ばなくていいシステムのようです。その説明もして欲しかった、、、とショックを受けつつ、暑いので近くのドトールに避難し、時間を潰しました。

1時間ちょっとコーヒーを飲んで、再び店前に並びました。並んでいても整理券を確認して順番が入れ替わるので、店前に集まっていればいいみたいですね。そして13:42、ついに店頭に「本日は終了です」と書かれた札が下げられました。11時オープンで14時前には食券が売り切れ。しかし、ついさっき食券を買ったお客さんは「だいたい2時間待ちくらいです」と告げられている。すごいお店だ。

「◯番の整理券の方ー?」と呼ばれ、ついに自分の番が近づいてきました。並盛・大盛が同料金なので、事前にお兄さんが麺量を確認してくれます。せっかくなので、大盛でお願いしました。

f:id:kamenoiwa:20160812031322j:plain

事前にオーダーが通っているので、座るとあまり待たずに焼きそばが出てきました。デフォルトで目玉焼きが乗っている!そして焼きそばには珍しく、千切りのネギがたくさん乗せられています。これが、不思議と焼きそばに合うんですね。もっとたくさん欲しいと思ってしまいました。

そしてそして、麺は自家製麺とのことですが、私の大好きなピロピロ麺風なんです!ピロピロ麺の焼きそばなんて、初めて!甘辛いソースは結構たくさん使われていて、有名なイートナポさんの言葉を勝手に拝借すると、「油断するとシャツに飛んじゃう系」じゃないかと思われます。

カウンターには味変アイテムがたくさん用意されていて、紅生姜、天かす、からしマヨネーズ、七味、こしょう、焼きそばソースがセットされています。その中から、からしマヨネーズを乗せてみました。からしマヨネーズ、チューブに入っているのではなく、銀色のお好みやきソースを入れるような入れ物に入れられていて、スプーンでベトっと焼きそばに乗せる感じなのです。なんたる背徳感、、、でも、濃い焼きそばソースと相まってめちゃくちゃ美味しい、カロリー上等!あまりからしマヨネーズを使っている人はいなかったけど、個人的には乗せた方がだいぶ好みの味でした。結構お腹いっぱいになったので、自分の腹具合だと大盛は250〜300gくらいあるのでは?と思います。

味が濃いのでお冷代わりのお茶をガブガブ飲んで、お店を出る。スマホを見ると、14:15になっていました。確かに、上品で美味しい麺を使った焼きそばは、通常の焼きそばよりも何ランクも上で美味しかったけど、2時間も待つのはちょっとしんどいな、、、塩焼きそばも食べてみたいけど、今回食べた1皿がメモリアルな1皿にならなければいいなと思っています。


レストラン・飲食店 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

鶏の穴(池袋):冷やし塩らーめん

池袋でご飯を食べる約束をしていたけれど、予定がキャンセルになった。せっかく池袋に来たのだからと、ラーメンを食べて帰りました。ベタに「いけふくろう」で待ち合わせをしていたので、東口から近い鶏の穴に決定。池袋で食べたことのあるお店の中では、鶏の穴が一番好きなんです。

f:id:kamenoiwa:20160809221134j:plain

f:id:kamenoiwa:20160809221218j:plain

店員さんが外の様子を伺っており、恥ずかしかったのでささっと写真を撮りました。鶏の穴は毎月限定メニューを出しています。8月は冷やし塩らーめん!

f:id:kamenoiwa:20160809221620j:plain

最近「冷やし」メニューに目がないので、鶏の穴で初めて「白鶏らーめん」以外の食券を買いました。違うメニューを食べてみたいと思いつつ、美味しいので毎回白鶏らーめんを食べていたんですよね。

お客さんは2組のみで、珍しく空いていました。MY箸を持参すると玉子か大盛が無料になりますが、こういう日に限って持ってきていないのです。いつも、お昼はお弁当なのに、、、

f:id:kamenoiwa:20160809221541j:plain

綺麗な冷やし塩らーめん。おくら、長芋、みょうがなど、冷やしで美味しいトッピングのオンパレードです。ナスは揚げ浸しになっているので、出汁が染みまくっています。ところどころに散らばっているフライドオニオンも、嬉しい!麺は白鶏らーめんとは違う、瑞々しくて少し太めの麺です。いつもは鶏白湯のスープで口がペタっとしますが、これはものすごくあっさりしていて、ジャンク舌な私でもPOPに書かれていたカツオの味を感じることができました。ぐびぐび、スープを飲み干しました。

天下一品あるあるの「あっさりラーメンを食べたことがない」と同じく、鶏の穴では白鶏らーめんばかり食べていましたが、「冷やし塩らーめん」はチャレンジしてよかったと思える限定ラーメンでした。そして、一線を越えさせる「冷やし」のワードの魅力はすごい。夏の間に、あとどのくらい「冷やし」のラーメンを食べられるのだろう。


ラーメン ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

風雲児(新宿):つけめん

ダイエットのため「ラーメンは週に2回まで」という自分ルールを課していますが、最近はなんだかんだ週に3回位食べてしまっています。飲みに行く約束をしているのに、大幅に遅れたり、約束自体をキャンセルされる事が多いんですよね、、、仕事後のお腹ペコペコ状態で待ち合わせ場所に向かっているので、そのままの足で、一人でもお店に入りやすいラーメンを食べに行ってしまうのです。

この日も新宿で前職の同期と飲む約束をしていましたが、仕事が終わらず遅れるとの連絡があり、空き時間で風雲児に行ってみました。新宿駅からは少し遠く、行列するらしいので今まで食べた事がなかったのです。

f:id:kamenoiwa:20160806151259j:plain

初めての風雲児。意外にも、店前に行列はありません。しかし、店内にはしっかり並んでいました。新宿という土地柄か、私の前に並んでいるのはカップルかサラリーマンの2人組のみ。ちょうど3人組が食べ終わったタイミングで1つ席が空いたので、並び順を飛ばして先に席に着く事ができました。一人で並んでいるのが恥ずかしい時もありますが、こういう時は得ですね。

f:id:kamenoiwa:20160806151410j:plain

この後に飲むので、ノーマルなつけ麺を並で。オペレーションが素晴らしく、並んでいる間に麺量の確認をしてくれるため、席に着いてすぐに食べられました。「つけ麺を食べたい欲求」を裏切らない、王道のつけ麺という感じ。ですが鶏白湯なので、豚骨よりもガツンとしていなく、まろやかです。麺も小麦みっちりではなく瑞々しいので、全体的に女性らしいと思うつけ麺でした。

美味しいつけ麺と丁寧な接客、無駄のないオペレーションは、さすが有名店でした。敢えて電車に乗ってラーメンを食べに行く事は少ないけど、空き時間ができた時に「せっかくだから、あのラーメンを食べに行こう」と思えるので、ラーメンっていい趣味ですね。


つけ麺 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ つけ麺へ
にほんブログ村