30代独身のひとり飯ブログ

ひとりで外食をしたら書くブログ。ほぼラーメンブログになると思います。

庵悟(南浦和):つけめん

以前は南浦和に住んでいたので、毎週週末になると庵悟に通っていました。初めてつけ麺というものを食べたのも庵悟なので、私の中のつけ麺の基準は庵悟なのです。

f:id:kamenoiwa:20160917131353j:plain

お昼時は大体並んでいますが、少し時間をずらすと並ばずに食べることができます。そして、並ぶ際にもベンチや日傘が用意されているので、良心的です。

営業時間は11:00〜16:00。時々無性に食べたくなる中毒性があるのに、お昼の時間帯しか営業していないのがハードルが高い、、、

f:id:kamenoiwa:20160917131424j:plain

つけ麺も中華そばも両方美味しいので、毎回悩みます。今回は中華そば売り切れにつき、つけ麺になりました。

つけ麺は並盛でも麺量が300gあり、私にはちょっと多い。しかし!庵悟では麺少なめで注文することができます。少なめにすると、大体200gくらいになるのかな?そして、少なめで注文すると、半分の味玉をサービスでつけてくれます。

綺麗に掃除された店内に、寡黙なご主人。居心地はいいのですが、おしゃれ感は皆無なので、1人で食べに来ている女性はあまり見かけません。どちらかというと、作業着が似合う感じ。そんな雰囲気も大好きです。気取らなくてもいいので、よくスッピンにメガネで食べに行っていました、、、

f:id:kamenoiwa:20160917131459j:plain

「またおま系」のつけ麺ですが、慣れ親しんだせいか、他のつけ麺とは別格です。

つけ汁はまたおま系の中でもドロドロ度が高くて、並盛の300gの麺量で食べた時にはつけ汁が足りなくなりました。そして、甘みや酸味があまりなくて、代わりに魚介がガツンと効いています。つけ汁の中には角切りのチャーシューが沈んでいて、これも肉々しくて美味しいんです。

麺はちょっと柔らか目の、太くてストレートな麺。スープ割りができるくらいつけ汁が残り、味玉もサービスしてもらえるので、やっぱり麺量は少なめで注文するのがベストです。

スープ割りをお願いすると、動物感溢れるスープとゆずの粉を入れて戻してくれます。さらっと飲み干すと、器の底には魚粉がザラザラ残ります。

こんなつけ麺が、私の思うつけ麺のベーシックになっています。今後、どんなに美味しいつけ麺に出会ったとしても、きっと庵悟のつけ麺は別格であり続けるんだろうな。お母さんの料理のようです。


つけ麺 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ つけ麺へ
にほんブログ村

カラシビつけ麺(神田):カラシビまぜそば

8月末にオフィスが神田に移転しました。神田はラーメン激戦区なので、フラッと美味しいラーメンを食べに行くことができて嬉しい限り。記念すべき神田での1杯目は、有名店の鬼金棒に決めました。激辛系、大好きなんです。

神田駅から少しだけ秋葉原方面に歩いていくと、カラシビ味噌らー麺鬼金棒の店前には行列が出来ていました。すごくお腹が空いていてすぐに食べたかったので、行列を横目に少し先のカラシビつけ麺のお店に行くと、こちらは行列がありません。鬼金棒は、ラーメンとつけ麺でお店が分かれているのですが(すぐ近くにあります)、だいたいつけ麺の方が空いています。

f:id:kamenoiwa:20160912015325j:plain

この日は暑い日でしたが、冷やし中華ではなく「カラシビまぜそば始めました」と張り紙されていました。

f:id:kamenoiwa:20160912015759j:plain

カラシビまぜそばは、麺の量からトッピングまで、注文時に選ぶ事項がたくさんありました。

◆麺量

並盛:265g、中盛:400g、大盛:530g 

◆辛さ、痺れ(それぞれ選択)

抜き、少なめ、普通、増し、鬼増し(100円増し)

◆トッピング(並盛は2つ、中盛は1つ選択)

もやし、追い飯、温泉玉子、玉ねぎ、パクチー

麺量は並盛、辛さ・痺れは両方とも増し、トッピングは温泉玉子と玉ねぎでお願いしました。もやしは中華鍋で炒められた味の付いたもののようで、トッピングしている人がたくさんいました。選択を誤ったか、、、

f:id:kamenoiwa:20160913231519j:plain

一面の玉ねぎトッピングで、麺が見えません。鬼金棒らしいヤングコーンも、唐辛子と山椒に埋もれています。

下にたれがたまっているので、よく混ぜて食べます。ねっとりしていてピリ辛なので台湾まぜそばのようですが、しかし、なぜだか奥の方でカラムーチョのような味がするのです。味変アイテムはありませんでしたが、マヨネーズとかお酢とかをかけても美味しそうだと思いました。

麺を食べ終わると、トッピングした玉ねぎが丼に結構残っていました。ここにご飯を投入したら、美味しいんだろうな。結局レンゲですくって全部食べましたが、並盛でトッピングを2つ選ぶ場合は、玉ねぎ+追い飯、または、もやし+温泉玉子、が個人的に正解だったのだと思いました(パクチーは苦手なので・・・)。

そして、さっき検索をしていたら、ファミリーマートでカラシビまぜそばのカップ麺が販売されていたんですね。ポテトチップスっぽいジャンクな味は、カップ麺にぴったり合いそうです。もう売ってないのかな、、、食べてみたかった。


ラーメン ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ まぜそば・油そばへ
にほんブログ村

馬賊(日暮里):馬賊冷やし中華

外はまだまだ暑いですが、冷やし中華の季節は終わりが近づいてきました。今年は冷やしの限定メニューをたくさん食べましたが、まだ一つ、食べ残しているメニューがあったのです。手打ち麺が美味しい、馬賊の冷やし中華。馬賊は大好きですが、ネットで見つけるまで冷やし中華をやっているのは知りませんでした。絶対に美味しいに決まっている、でも、値段が高い、、、ずっと躊躇していましたが、食べずに夏を終えたら来年の夏まで後悔するだろうと思い、奮発して食べに行きました。

f:id:kamenoiwa:20160908003354j:plain

日曜日の15時頃。お昼のピークはだいぶ過ぎていますが、店内はほぼ満席です。店内がガラガラの馬賊は見た事がないから、本当に人気があるお店なのですね。

馬賊では、4種類の冷やし中華があります。冷やし中華(900円)、五目冷やし中華(1100円)、馬賊冷やし中華(1300円)、韓国風冷やし中華(1500円)。なんの説明もなく店内に貼り出されているので、違いが分かりません。そしてなぜか、ネットで検索すると馬賊冷やし中華のレビューばかり見つかります。日和ってしまい、私も馬賊冷やし中華を注文しました。本当はまだ誰もレビューをしていないメニューを食べたいのに、何てチキンなんだ、、、

お客さんはどんどん入れ替わってゆき、私の後に入ったお客さんのメニューがどんどん運ばれていきます。冷やし中華は、通常のラーメンよりも時間がかかるようです。

f:id:kamenoiwa:20160908233323j:plain

「馬賊冷やし中華、お待たせしましたー」と運ばれてきたのは、30cm近くありそうな大きなお皿でした。店員さん、平べったいお皿なのに、両手で重そうに運んでくれましたもん、、、

麺の上を覆っている具は山盛りで、ハム、きゅうり、錦糸卵、紅生姜、ワカメなどの冷やし中華の定番から、もやし、エビ、チャーシュー、メンマ、イカなどの変わり種も載せられています。チャーシューはほんのり温かくて柔らかかったので、最初に食べて正解でした。馬賊のチャーシュー、初めて食べましたが、柔らかくて薄味で脂身の量がちょうどよくて、美味しいな。

麺は店内でバンバン打ち付けて作っている手打ち麺で、冷やしてもモチモチです。太さがバラバラなところも、いい!やっぱり、馬賊の麺が好き!

そして、馬賊冷やし中華はゴマだれの冷やし中華なのですが、名前に「馬賊」とつけている所以はきっとこのゴマだれにあると思われます。写真で確認出来る薄い茶色のゴマだれは、ゴマドレッシングのような酸味のあるゴマだれですが、具材の下に大量の茶色いゴマだれがかけられているのです(写真では、もやしの右下に少しだけ写っています)。このゴマだれは、馬賊の看板メニューの担々麺のゴマだれです!ゴマペーストのような香ばしくて濃厚なゴマだれが麺に直にかけられていて、汁気の多い担々麺よりもゴマだれを満喫できます。馬賊の担々麺のファンならば、悶絶するはず。ゴマだれを最後まで飲みたくて、レンゲを店員さんからもらい、薄いお皿からキレイにゴマだれを飲み干しました。美味しい麺に美味しいゴマだれに豪華な具、1300円はちょっと高いけれど、今年の冷やし中華の食べ納めにふさわしいものでした。

全然話が変わりますが、最近、Twitterを始めました!まだ何もつぶやいていないんですが、早く慣れて色々つぶやいていきたい、、、これまでプライベートでもTwitterを使ったことがなく、返信の仕方が分からなくて「ツイッター 使い方」で検索してしまったくらいの素人っぷりなんですが、毎日読んでいる「趣味全開で淡々と」ブログのキュウさんがTwitterをオススメしてたんですよ。キュウさん、ブログも面白いし、人柄がすごく優しくて、毎日21時にブログが更新されるのを楽しみにしているんです。

www.kyu7.com

今のところ、読者登録をさせて頂いている方を見つけ次第勝手にフォローしていますが、フォローして頂けると嬉しいです!


ラーメン ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

らーめん天神下大喜(湯島):とりそば

気持ちが落ち込む時は、何か美味しい物を食べたくなります。8月は1日に大喜に行き、限定の冷やしとりそばを食べました。9月になったので新しい限定メニューが出ているといいなと思いつつ、神田からてくてく歩きます。大喜のことを何度かブログに書いたので、お店の周りの写真を撮りつくしてしまい、道路の反対側から写真を撮ってみました。お店が細長いことだけは判ります。

f:id:kamenoiwa:20160905223056j:plain

券売機とご対面。限定メニューが、何もやっていない!先月まで冷やしとりそばのPOPが貼られていた場所に、レギュラーメニューの純とりそばのPOPが貼られています。

f:id:kamenoiwa:20160905223850j:plain

むぅぅ、、、まぁ、おかげで念願のレギュラーメニューを食べられます。かなり真剣に悩み、券売機左上のとりそばに決めました。

f:id:kamenoiwa:20160905230531j:plain

とりそばは塩味、純とりそばは鶏白湯のようです。これまで大喜で食べた麺は幅の広い平らな麺ばかりでしたが、とりそばは柔らかめの細くてストレートな麺でした。鶏チャーシューが、相変わらずプルプルで美味しすぎます。スープは「少し味が薄いかな?」と思ってしまうくらいのものすごーく優しい味で、全くしょっぱいところがなく、トロっとした鶏スープに少しだけ塩味をつけたよう。すだちかカボスのような柑橘系の皮が入っていて、優しーい鶏スープの中でたまに遭遇すると、すごく不思議な味になります。スープを飲み干しても全くくどいところがなく、疲れた心身に優しく沁み渡りました。

初めて大喜に行ったのは、正衛門さんのブログを読んだのがきっかけでした。先日もブログを読んでいると、記事下で「One Cam」というシャッター音がしないカメラアプリが紹介されていました。こんなに綺麗な写真が、すべてスマホで撮影されているなんて、、、

www.masaemon.jp

私もいつもiPhoneで写真を撮っているんですが、「カシャッ」と音が鳴るのが恥ずかしかったんです。早速ダウンロードして使っていますが、これがもう、人生が変わるくらい素晴らしいんですよ!一人でラーメンを食べて、かつ、ブログ用に写真を撮っているという恥かしさが、シャッター音がしないだけで大幅に減ります!お店の人や周りのお客さんも、音が気にならなくていいと思いますしね。「写真はスマホ派!」な恥かしがり屋な方は、240円かかりますがとてもおすすめです。


ラーメン ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

麺や佐市(錦糸町):牡蠣・拉麺(大盛)

先週、知人に誘われて錦糸町でボルダリングをしました。錦糸町にはなかなか行く機会がないので、約束の時間の少し前に向かい、せっかくなのでラーメンを食べようと画策します。ラーメンデータベースで検索すると、以前から気になっていた牡蠣のラーメンを出すお店が。駅の近くを散策してから、飲屋街を通ってお店に向かいます。少しだけレトロでアジアの空気がして、街の雰囲気はなんとなく埼玉の西川口に似ています。

f:id:kamenoiwa:20160903064310j:plain

12時少し前に到着。店内には3席ほど空きがあります。ゆっくり、お店の外に貼られているメニューを眺めます。いつもながら、光が反射してよく見えないですね。

f:id:kamenoiwa:20160903064638j:plain

f:id:kamenoiwa:20160903064717j:plain

牡蠣のつけ麺と悩みましたが、初志貫徹でラーメンに決めました。サイドメニューに生牡蠣、つまみ牡蠣があるのが特徴的ですね。なるべく食品添加物を摂らないように気をつけているので、「無化調」の表記は嬉しいです。とってもお腹が空いていたので、大盛にしました。

f:id:kamenoiwa:20160903070040j:plain

色鮮やかな牡蠣拉麺。一口食べると、おおお!めちゃくちゃ牡蠣の味!スープは濃厚な鶏白湯スープと同じくらいの濃さで、しかし、味は牡蠣そのものを食べているようです。いや、むしろ、牡蠣を超越して、蟹味噌くらいの濃さになっている気もする、、、牡蠣味のラーメンを食べたことがないので、頭が少し混乱しましたが、牡蠣が好きな人にとっては大興奮のラーメンだと思います。麺は、少し太めの縮れ麺です。

乗っている具は、小さめのコロっとした牡蠣が3つ、カイワレ、ネギ、糸唐辛子、大量の刻み海苔。牡蠣味のスープに、海苔が良く合います。たくさんトッピングされているので、最後まで海苔と一緒に食べることができますよ。牡蠣が大好きなのでトッピングの牡蠣も美味しくいただきましたが、個人的には牡蠣味のスープの方が感動が大きかったです。

食べ終わってお店を出ると、数組の並びができていました。12時少し前であれば、土曜日でも並ばずに食べられるようですね。とても濃厚な牡蠣拉麺は、冬にまた食べたいと思いました。そしていつかは、贅沢に生牡蠣をトッピングして食べてみたいものです。


ラーメン ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

田中そば店(秋葉原):中華そば(こってり)

f:id:kamenoiwa:20160828212953j:plain

先週の暑かった日、秋葉原の田中そば店で中華そば(こってり)を食べました。以前にも食べに来たことがありますが、食券を渡してしばらく経ってしまってから「こってりで、と注文をしないとこってりにならない」ことに気づき、しかし小心者の私は後から「やっぱり、こってりにして下さい」とは言えず、ノーマルの中華そばを食べたのでした。

券売機は、お店の外に設置されています。色付きプラスチックの食券は、ラーメン二郎っぽい。

f:id:kamenoiwa:20160828215328j:plain

中華そばの食券を購入し、食券を渡す際に「こってりでお願いします」と伝えると、中華そば(こってり)になります。店員さんから「こってりにしますか?」と聞いてくれると初めての人にも分りやすいと思うのですが、裏メニュー的な扱いなのでしょうか。

f:id:kamenoiwa:20160828221929j:plain

f:id:kamenoiwa:20160828222006j:plain

上が中華そば(こってり)で、下が以前に食べた中華そば。こってりは、背脂がちゃっちゃとされていて、麺が見えません!でも、この真っ白なビジュアルのラーメンを食べてみたかった!スープの上部は分厚い透明な油の層に覆われているので、麺を食べようとすると油でコーティングされ、油で和えた麺を食べている雰囲気になります。最初の数口は「うわー、油ギトギトだ、、、」と思いましたが、慣れたからか油の層が薄くなったからか、途中からはコクのある塩味のスープを感じられるようになりました。喜多方ラーメンがベースのようですが、麺は喜多方ラーメンの特徴的な麺よりも、普通の縮れ麺に近いです。チャーシューは厚さのあるものがデフォルトで3枚も載っていて、トロトロに柔らかく、食べると幸せを感じられます。

f:id:kamenoiwa:20160828223844j:plain

カウンター上には、味変アイテムとして「特製唐華」という唐辛子が置かれています。以前、中華そばに入れてみて「あまり合わないかも」と思ったので、ずっと中華そば(こってり)に入れてみたいと思っていました。POPに記載の通り、スプーン1杯入れてみます。確かに、こってりの方がノーマルの中華そばよりも合いますが、そのままの塩味のスープがバランスが良く美味しいので、入れない方が好みでした。そのままで美味しいラーメンは、大体の場合、味変アイテムを入れて後悔している気がする、、、

ここのところ暑くて冷たいラーメンばかり食べていましたが、久々に熱々の高カロリーなラーメンを食べて、元気が出ました。やっぱり、体を冷やすのは良くないですね。定期的に温かいラーメンを食べていれば、意外と夏バテにならないのかも知れません。


ラーメン ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

エチオピアカリーキッチン(御茶ノ水):欧風チキンカツカリー

今回は外食ではないけれど、どうしてもブログに書きたい!御茶ノ水最終日のランチは、エチオピアのカレーにしました。神保町にもお店がありますが、よく食べていたのは御茶ノ水ソラシティ内のお店です。寝坊してお弁当を作れなかった日など、よくお世話になりました。

f:id:kamenoiwa:20160826195014j:plain

イートインもできますが、私はテイクアウトのカレーが好き!店内で食べるカレーはスパイスたっぷりのサラっとしたカレーですが、テイクアウトのカレーは洋風のドロッとしたカレーで、全く別物です。ちなみに、店内で食べる際は辛さが70倍まで指定でき、蒸かしたじゃがいもとマンゴープリンがついてきます(じゃがいもはおかわり自由というウワサ)。一度だけ辛さ50倍のカレーを食べてみましたが、結構味が変わるので、そのままの辛さ1倍のカレーの方が好みの味でした。

f:id:kamenoiwa:20160826200252j:plain

5種類あるテイクアウトメニューの中で、おすすめは人気No.1の欧風チキンカツカリーです。このメニューだけはいくつか作り置きされているので、500円を渡すとすぐに受け取ることができます(他のメニューは、渡されるまで少し待ちます)。

f:id:kamenoiwa:20160827172736j:plain

持ち帰っている間に、少し汚くなってしまいました。冷たくなりかけているカレーを、 温めずに食べるのが好き!鶏もも肉のチキンカツは、柔らかくて厚さ・大きさも十分。あまり辛くないカレールーはドロッとしていて、具材は入っていないけれど、お肉の脂の風味がします。嫌いな人はいないんじゃないかと思う、どこかで食べた事があるような優しい味。500円で、結構な満腹感と満足感を得られます。

ホームページには載っていませんが、アトレ秋葉原内に「東京カレー屋名店会」という有名カレー店のコラボショップがあって、ここでもエチオピアのカレーが食べられます。イートインだけでなく、テイクアウトの欧風チキンカツカリーもありますよ!御茶ノ水にはなかなか行かなくなるけれど、秋葉原は通り道なので、今度からはこちらにお世話になろうかな。


レストラン・飲食店 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村