30代独身のひとり飯ブログ

ひとりで外食をしたら書くブログ。ほぼラーメンブログになると思います。

神名備(西日暮里):醤油ラーメン

f:id:kamenoiwa:20160102020633j:plain

2か月間もブログをサボっていました。ただ、その間にもラーメンは食べていたので、撮りだめていたラーメンについて、備忘録を残していきたいと思います。

2015年12月30日、おそらく2015年最後に食べるラーメンになるので、今まで値段が高くて行った事がなかった神名備へ、奮発して行ってみました。

神名備はTETSU本店のすぐ近くにあるのですが、いつもTETSU本店よりも行列が長いですね。開店直後に行ったこの日も、外待ちで5名程、中にも5名程待っている人がいました。あまり待たずに中に入る事ができたのですが、食べ終わって出ていく人がいるのに、なかなか席に通されない。ご主人と、女性の2名体制で営業しているのですが、女性が片付け、お会計、料理を運ぶなど忙しく動いており、なかなか席に通せないようです。丁寧過ぎるくらい丁寧な接客をしていたのですが、もう少し丁寧でなくてもいいから、スピーディーに回転させて欲しいなと思いながら待っていました。

いざ、自分が案内される番が来ると「お1人様ですか?」と聞かれたので、「1人です」と答えると、カウンターが1席空いているのに少し待たされてしまいました。早くラーメンが食べたいのにな、、、そしてやっと案内されたのはカウンターではなく、カウンターの反対の壁際にある、2名かけのテーブル席でした。入口からは見えなかったのですが、カウンター7席の他に、2名かけ、4名かけのテーブル席が1つずつありました。その2名かけのテーブル席に案内してくれ「相席にしないので、イスに荷物を置いて使って下さい」と言ってくれたのです!女性1名客だったので、気遣ってくれたのだと思います。自分が接客されてみると、先程までの接客が丁寧過ぎるとイライラしていた感情は、どこかに消えてしまいました。

注文は、醤油ラーメンにしました。チャーシューが美味しいと口コミがあったんですけど、値段が2052円と高額!通常の醤油ラーメンでも1296円とまあまあ高額なので、今回は節約をして醤油ラーメンにしました。

運ばれてきた醤油ラーメンは、思っていたよりもチャーシューが薄切り。チャーシューの下に、大量のもやしがあり、揚げねぎが特徴的です。麺は、味噌ラーメンに入っていそうな麺で、最初は固めに茹でてあったのに、食べているうちにどんどん柔らかくなっていきます。もやしの量が多いので、麺だけを食べることは不可能に近く、毎回もやし・ねぎと一緒に食べることになるのですが、歯ごたえがシャキシャキしていて美味しかったです。

チャーシューは、スープに浸している部分から柔らかくなり、ホロホロ崩れてきます。それを麺と絡めて食べると、幸せ!脂っこくなく柔らかく、そのまま食べても美味しいのですが、ほぐして麺と一緒に食べると食感がコンビーフのようでした。醤油スープは、本格中華のようなスパイスの効いた特徴的な味。揚げねぎがアクセントになっています。無化調とのことだったので、キレイに全部飲み干しました。

食べている途中、4名かけのテーブル席に外人さんが2名案内されたのですが、女性店員さんが一生懸命英語でメニューの説明をしていました(多分、英語が得意なわけではないと思うのですが、本当に一生懸命にソイソース、ソルト、とラーメンの説明をしていました)。

初めてお店に来てみて分かったことは、神名備はラーメン屋ではなく、中華レストランなのだという事。接客は丁寧過ぎるくらい丁寧で素晴らしいですし、おしぼりが出てきたり、レジにて後会計だったり(1円単位で消費税がかかる)、レストランに近い点が多かったと思います。レストランだと思えば、多少値段の高いラーメンでも納得がいきますし、待たされても、素晴らしい接客が受けられるのであれば満足できるかな、と思います。


ラーメン ブログランキングへ