30代独身のひとり飯ブログ

ひとりで外食をしたら書くブログ。ほぼラーメンブログになると思います。

アドニス東京(御茶ノ水):カフタ

来週、職場が御茶ノ水から神田に移転します。普段のランチには持参したお弁当を食べていますが、「もう御茶ノ水に来なくなるのか、、、」と思うと色々食べておかなくてはいけない気になって、ずっと食べてみたかったレバノン料理のアドニス東京へ行ってきました。

adonys-tokyo.com

レバノンについて、私は「中東の国かな?」くらいの知識しか持っていませんでした。概要が記載されているので、外務省のリンクを貼っておきます。フランス領だったので今もフランスと関係が深く、リヨンにお店があるんですね。

レバノン基礎データ | 外務省

地図はこちら。

シリア、イスラエルの隣です。しかし、レバノン料理と聞いても、全く料理名が思い浮かびません。

お店は大通り沿いにありますが、入り口が狭く奥に縦長な店舗のため、ぼーっとしていると見過ごしてしまいそうです。黒・赤・白のスタイリッシュなお店で、店員さんは全員外国の人でした。食べ終わったトレーを片付けた際にメルシーと言われたので、フランス人でしょうか。

f:id:kamenoiwa:20160826001132p:plain

お店に置かれていたメニューのチラシです。私が食べたのは、4のカフタ。セットメニューにすると、1が800円、2・3が850円、4が900円ですが、単品では全て600円なのです!

f:id:kamenoiwa:20160826002140j:plain

単品でもイートインでき、一緒にお水も持ってきてくれました。コンビニのタコスやブリトーと比べると、もっと大きくてずっしり重いです。20cmくらいはありそう。食べてみて真っ先に感じたのは、生ニンニクのような、強目のニンニク感!写真にも写っているオレンジ色のソースから、辛味、酸味、ニンニクの味がします。中にはスパイスの効いた棒状のハンバーグ、ポテトフライ、トマト、キャベツ、玉ねぎなどがぎゅうぎゅうに詰まっていました。スパイシーで美味しかったけれど、この味を表現できないのが悲しい。

ファストフードだけれど野菜が多く、店員さんがゆったりしていて丁寧で、お店の雰囲気がすごく気に入りました。単品とかケチらず、ゆっくりコーヒーでも飲みながら過ごしたら居心地の良さそうな店内です。1人でも食べに行けるエスニック料理のお店は少ないので、事務所が移転してもフラっと食べに行くかも知れません。

一番行ってみたい地域は中東だけど、今は危なくて行けない地域が多いですよね。何年か前は、普通の地域だったのにな、、、行きたい時に行かなかったら後悔すると思い、なるべく海外に行っておきたいと思っている今日この頃です。いつか、現地でレバノン料理を食べられる日が来るといいな。


レストラン・飲食店 ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村