読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代独身のひとり飯ブログ

ひとりで外食をしたら書くブログ。ほぼラーメンブログになると思います。

鮮魚らーめん五ノ神水産(神田):らーめん銀だら絞り、他

昨年末から何度か、鮮魚らーめん五ノ神水産に通っています。

職場から近いので、12時ちょうどに会社を出ても、お店で並ばずにランチを食べる事ができるんです。

「鮮魚らーめん」の店名に偽りなく、どのラーメンも魚エキスが満載。しかし、「魚介系」でイメージする煮干しがふんだんに使われたラーメンではなく、魚をそのままスープにしたようなラーメンなのです。

f:id:kamenoiwa:20170115004242j:plain

初めて食べたのは、一番オーソドックスだと思われる「らーめん 銀だら搾り」。

スープは焼き魚にした銀だらの皮の部分そのものの味なので、トッピングの分厚いメンマを食べていると、「メンマなのに、魚の味がする!?」と脳が混乱します。

鶏白湯のようなペッタリしたスープが麺によく絡んで、普通盛りでも満足度が高いです。

f:id:kamenoiwa:20170115004456j:plain

次に食べたのは「淡麗貝潮らーめん」。

強烈なインパクトの「銀だら搾り」を食べた後だったので、想像していたよりも貝出汁は強く感じませんでした。

「淡麗」とついているけれど、トッピングされている貝は揚げてあるような味がして、個人的にはさっぱりというよりは、コクのあるラーメンだと思いました。

f:id:kamenoiwa:20170115005737j:plain

先日は限定メニューがあったので、限定の「クラムチャウダーヌードル」を。

「淡麗貝潮らーめん」よりも、貝エキスが強く感じられました。

柔らかめの麺とドロドロのスープが一体化していて、美味しい!胡椒をかけても美味しそう!

 

これまでに食べた3つの中では「らーめん 銀だら搾り」が一番好みだったので、同じく「銀だら搾り」であるつけ麺も気になっています。

また、頻繁に限定メニューを出しているようなので、さっそくTwitterをフォローして限定情報をキャッチすることにしました。

 

しかしながら、五ノ神水産を気に入っている一番のポイントは、美味しいラーメンでも珍しい限定メニューでもありません。

店員さんがイケメン!

しかも、いつも店内には2~3名の店員さんがいますが、全員イケメンなんです。

なので「ちょっとイケメンを眺めて癒されたい」という気分の時に、五ノ神水産にラーメンを食べに行っています。

f:id:kamenoiwa:20170115004750j:plain

外観も店内もおしゃれな雰囲気で、イケメン店員さんのイメージにぴったり合っています。

 

30代独身女性のしょうもない趣味として、2017年はイケメンの多い料理店を探しては、目とお腹を満たそうと思います。


ラーメン ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村